こんにちは、徐です。
いきなりですが、最近
自分の人生について 振り返ることがありました。

子供の頃は夢は何だったかな、とか
大人になったらどんな生活を想像していたかな、欲しかったものは何だったかな?などなど...

思い返すと最初の夢は小学生の頃で、先生になることでした。
親戚で先生をしている人がいたからです。
でもそれは憧れではなく、自分だったらもっと良い先生になれるのに!
という、ちょっとした反抗心から生まれたものだったと思います。

毎年お正月になると、家族で挨拶まわりをしていました。
その時必ず、先生をしているその人は私の成績を確認してくるのです。
相手にとっては軽い近況確認のつもりだったのかもしれませんが、
当時の私はそれがとても嫌で 「私なら聞かないぞ!」 と思ったものです。

それから歳を重ねるにつれ、夢も変わってきました。
今は大きな夢でなくとも常に新しい自分、どんな生活をしていきたいか、
という理想をいつも思い描いていたいなと思っています。