こんにちは、橋本です。
先日シルク印刷の工場を見学しました。

 

弊社のブックカバーの印刷をしている所を見せて頂きました。

 

工場に入り、まず目に入ったのは、作業をするための長台です。

長台には等間隔にブックカバーの生地が並べられていました。

その生地にスクリーン版をあて、

スキージーというヘラの様な道具を上から下へ動かします。

こうする事により、インクがスクリーンを通り印刷されます。

 

作業はテンポ良く進められ、次々と印刷されていました。

一見それ程難しく見えない作業ですが、やはり職人技。


微妙な力加減を間違えば、色にムラが出てしまいます。

スピードも大事です。

素早く刷らなければ、インクが固まってしまいます。 

そして、数名で連携して行うため
一人が失敗すると
その後の作業にも影響が出てしまいます。

 

こうした緊張感の中で作業が進められていました。

 

次々と鮮明に印刷され、色が増えるにつれて

ブックカバーの柄が完成していく様子は

とても見応えのある工程でした。

 

見学した際に、社長にシルク印刷にまつわるお話を伺いました。

次回のブログでは、そのお話を書いていきたいと思います!