商品生産に際し、直接その商品にかかっている費用は、
材料代、印刷代、縫製ウェルダー成型などの加工代、包装梱包
費用、運賃貿易費用、そして工場の家賃や機械の償却費、
管理人件費、営業人件費など多くの費用をかけて一つの
商品を生産します。その中で、最小ロットの決め手のひとつ
が、主材料の最小ロットです。例えば、一つのポリエステル
のバッグを生産する際の、ポリエステルの原反が1000m
で、その材料で出来る数量が3000個であれば、最小ロットは
3000個となります。材料が、PPテープや、ホックやファスナー
など他にもある場合でも、一番占めるコストが高いものを
基準に算出します。1回の仕入れて、50個や100個しか
生産しないとなると多くの材料が無駄になる可能性があり
見積価格としては、もの凄く高いものになります。

image119


☆・~・☆・~・☆・~・☆商品紹介☆・~・☆・~・☆・~・☆
新型コロナウイルス対策商品
https://www.fukueisangyo.co.jp/virusinfectionpreventionproducts
☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆

福榮産業ではOEM製品を受注、生産しています。
お見積もり、ご相談お気軽にどうぞ!
https://www.fukueisangyo.co.jp/
福榮産業HP     http://fukuei.jp/index.html