とある生産現場のお話をします。

生産が始まり、工場に行くと校正の時OKが出た生地の材質と
本番の材質が違いました。

工場の社長は材質の違いがわずかだったため
私たちには何も話しませんでした。
社長は一人で判断し生産を始めてしまっていました。
私は材質が違うことに気付き、急いで生産を止めました。

梱包方法でも同じ問題が起こりました。
指示した方法と別の方法で進めようとしていたのです。

工場長にもし予定と違うことがあれば必ず一つ一つ確認するようにしました。


仕事をする上で相手を信頼することは大事です。
しかし今回の様に工場側が勝手に判断してしまう場合もあります。
私たちはまずこの様な事がないようにしなくてはいけませんが、
もし間違えが起こった場合、いち早く気づけるように注意しなくてはいけません。


・~・・~・・~・・~・・~・・~・・~・・~・・~・


福榮産業ではOEM製品を受注、生産しています。

お見積もり、ご相談お気軽にどうぞ!
http://www.fukueisangyo.co.jp/

福榮産業HP     http://fukuei.jp/index.html
中国工場紹介サイト  https://www.cf-navi.fukueisangyo.co.jp/