こんにちは


私は現在メガネケースの生産管理を担当しています。
今までに経験のない新しいアイテムです。

私自身メガネはかけていますが
ケースについて深く考えたことはありませんでした。
メガネケースの作り方は複雑だろう。と
なんとなく思っていました。


メガネケースの担当になったため生産工場へ行きました。
割と小さいシンプルな工場ですが、
日産数が数万個でびっくりしました。

工場の様子は写真やビデオで撮れないため、
作り方がうまく説明できませんが…
簡単に説明すると、一つのケースは
表の生地、金属の型、裏の生地三つの部分で組み立てられています。
金型に従って、いろんな形のメガネケースが生まれます。
後は表の生地を変えたり、柄の表現方法を変えたりして、違う商品が出来上がります。


思っていたほど複雑な工程はありませんでしたが
工夫により様々なケースが生産されています。



・~・・~・・~・・~・・~・・~・・~・・~・・~・


福榮産業ではOEM製品を受注、生産しています。

お見積もり、ご相談お気軽にどうぞ!

http://www.fukueisangyo.co.jp/